FC2ブログ

蚕とナミアゲハどちらも素晴しい

蚕は繭玉という美しい絹を紡ぎますが、ナミアゲハはサナギから美しい容姿を出現させます。蚕は江戸時代の浮世絵が似合い、ナミアゲハはヨーロッパ中世の貴婦人のように私は感じます。
スポンサーサイト

7月30日現在の幼虫たち

8月7日に配布する為に幼虫に早くサナギになるようはっぱをかけています。s-P10402614齢幼虫
s-P10402635齢幼虫
s-P10402675齢幼虫Ⅲ
s-P10402705齢幼虫
s-P10402663齢幼虫Ⅱ

池袋の森委員会開催

8月5日(月)午後6時平和通り事務所にて
①スタッフベスト配布
②池袋の森前でのサナギ配布の件
③ホームページの件
④地域活性化活動の申請に関する事柄

ナミアゲハのサナギ配布

8月7日(水)池袋の森入り口にてナミアゲハのサナギを里親に配布します。サナギや蝶の幼虫に興味ある方昼休みの1時間ですがいらしてください。いまのところ頭数はわかりません。お家に柑橘系の樹木(例えばミカン・サンショウ・レモン・カラタチなど)があればやわらかめの葉を幼虫に与えることで、数日でサナギになる5齢幼虫を渡すことも可能です。これからのことを考えてサンショウの鉢植えを準備することもお勧めです。サンショウは調理にも使用でき、とても素晴しいジャパニーズペッパーです。調べてみて下さい。

スタッフベスト

スタッフベストが届きました。s-P1040241スタッフジャンパーⅢ
s-P1040242スタッフジャンパーⅡ
プランター管理の時に着用することで周りにアピールできますし、私服でプランテーの草木の手入れをしていて怪しまれることもなくなります。

商店街ホームページ説明会

8月26日(月)午後6時 マ・メゾンにてホームページ作成と加入の件及び池袋の森プロジェクトの進捗状況等の説明会を開催します。

池袋の森前街路灯

s-P1040237_20130726235730.jpg
s-P1040238_20130726235728.jpg
s-P1040239.jpg
s-P1040240.jpg
ようやく銅うちアゲハやトンボを飾ることができました。また樹木図鑑も街路灯柱に貼り付けました。見本を確認してください。これが平和通の街路灯にすべた飾る予定です。木の名前を覚えることで知らなかった木と友達になれます。もう名前も特徴も知っているのですから、あちらこちらで会う機会も増えるでしょう。実はこんな楽しいふれあいの場所を提供するのが池袋平和通り商店街なのです。準備して頂いたアイ印刷さんアドプラス看板屋さんありがとうございました。

今日26日(金)は第二回ホームページ講習会

ホームページを立ち上げて検索してもらうことを目的としているのですが、出来ても現在の状況では難しいです。まずは池袋の森プロジェクトである「あげはととんぼをとばそう」を形にして商店街会員の方々に事業が見えるようにしていかなければ進みません。他の人々に池袋平和通りを知ってもらう窓口は現在ホームページとブログに頼るしかありませんので、当初はイベント案内とブログでのプロジェクトの現状をお知らせできれば良いと考えています。また各個店が自店のホームペジがはり付く場所が用意してあればいいのかとも考えています。予算は最小限にして行いますが、次回プロジェクトが軌道に乗った時点で再度大幅に変える予定です。

24日サナギからの羽化

気が付くとサナギからナミアゲハが誕生していました。s-P1040227蝶の羽化Ⅲ
s-P1040228蝶の羽化Ⅱ

サナギを里親に

小学校は夏休みですが、幼稚園や保育園には子供がいます。そこで近所の保育園に声をかけてみようかと思いました。保育園に通っているお母さんから園長先生に聞いてもらうことにします。お知らせの配布ができれば昆虫好きな子供にサナギを渡すことができます。

アシナガバチの偵察

s-P1040232アシナガバチ
今朝もアシナガバチが2頭サンショウの周りと葉の裏側を念入りに調べて飛び回っていました。幼虫の穫物に味をしめたのでしょう。近くにハチの巣があればしばらくは狩りが続くでしょう。こちらも幼虫に気が付いたら救出します。

みかんの粉末の準備

みかんの葉から人工餌の為の粉末を作り試してみます。s-P1040212みかん葉きざみ
s-P1040211みかんの葉

7月23日現在飼育状況

これからサナギになる終齢幼虫が2頭、その他以上です。s-P10402132齢
s-P10402153齢
s-P10402165齢
s-P1040217 4齢

サナギの宅配

トンボのヤゴの時の里親さんに頼まれていたので、ナミアゲハのサナギを2軒のお宅に届けてきました。小さなお子さんと小学生のお兄ちゃんがとても喜んでいました。都会では蝶のサナギを見る機会はほとんどないでしょうから

夢物語

平和通りに白い統一されたおしゃれなプランターが通りの端から端まで続いていて、まるで植林したように背丈の低い食樹と甘い蜜を出す花々が続いています。通り800mがまるでこれからカーニバルが始まる時のような雰囲気で、いたるところにナミアゲハ蝶が飛び交い花の蜜を吸っています。早朝はプランターの手入れから始まり食樹の剪定と花がら摘みをしてまとめてサナギ工場へ持って行きます。そこで卵と幼虫の選別をし初齢幼虫から5齢幼虫を分けます。5齢幼虫のなかからサナギになる準備をしている終齢幼虫を別の止まり木のある方へ移します。それと平行して糞の清掃と水の補給をしてサナギのゆりかごの制作をしていきます。糞と花がらと剪定した残骸はコンポストに集めプランターの肥料にしていきます。そして10日に1回サナギを里親の会員の方に育てていただく為に池袋の森の中にあるログハウスで配布していきます。このようにして会員を介し広範囲に蝶が舞い始めます。物語は夢のなかで育ち夢が覚めないように静かに目をあけるとユリノキの大木に住む幸福のふくろうがこちらをものうげに見つめている。

心配していたサナギが蝶になりました。

止まり木に張り付いていたのですが、サナギの期間が長く、色も褐色でしたので、寄生蜂にやられたのかと心配していましたが、無事にナミアゲハになれました。葉の上に置いておくといつの間にかいなくなりました。

幼虫の天敵アシナガバチ

21日朝よりナミアゲハとクロアゲハがいる食樹のあたりを飛び回っています。追い払っても暫らくすると現れます。ここに餌があることにきずいたのでしょう。今晩部屋のほうに救出します。やはり屋外は危険がいっぱいですね。4齢幼虫になるまではと観察していたのですが、難しくなりました。屋内では餌やりが大変なのですがしかたありません。

現在の商店街の様子

夏真っ盛りの商店街の様子です。s-P1040177商店街

食事の様子

食事の様子をアップしてみました。s-P1040182 5齢幼虫
s-P1040179食事の様子Ⅱ

7月20現在の飼育状況

早くも7月20日になり小学校も夏休みになりました。商店街から子供たちにナミアゲハのサナギを夏休みプレゼントとしてあげられたら喜ぶかもs-P1040181サナギのゆりかご
s-P1040185飼育状態
s-P1040186真上カラノサナギツリー

寄生蜂現る

サナギの周りを飛んでいるショウジョウバエのようなハチを発見、よくよくみると寄生蜂でした。やはり自然界には天敵が多くいるので、蝶になることは大変なことです。蝶の天敵はクモやかまきりなどですが無事に育ち10個卵をうんで、2個無事にかえるか孵らないか微妙なところでしょう。

5齢幼虫

s-P1040151みかんの実
5齢幼虫は基本的に柑橘系の葉であれば何でも食べると思う。今日はカラスザンショウの葉が少なくなったので、ミカンの葉に切り替えましたがムシャムシャとよく食べました。アゲハがここには卵を産まないし、葉が厚くて食べずらいとのではないかと思い食樹であるのに敬遠していました。

くろあげはの幼虫

くろあげはの幼虫s-P1040139クロアゲハの幼虫2頭
s-P1040148くろあげはの幼虫1頭
s-P1040150クロアゲハ初齢幼虫
が生まれました。

サナギツリー

さなぎの樹です。s-P1040147さなぎツリーⅢ
s-P1040146さなぎツリーⅡ
s-P1040145さなぎツリー

ぞくぞくサナギに

14日現在サナギおよびサナギ予備軍が7頭になりました。s-P1040130さなぎ
s-P1040129もうすぐ羽化
s-P1040128もうすぐサナギ
s-P1040127サナギの途中Ⅱ
s-P1040126もうすぐサナギ2
s-P1040125三頭のさなぎ

揚羽蝶幼虫の死

小さな4齢幼虫が我が家の畳の部屋の隅でまるで生きている様に死んでいました。早く気がついてあげていればと思い気が滅入ります。人が管理している以上人の責任です。小さな命が一つ消えました。今晩は弔いです。

第一回区民ワークショップについて

池袋を3つの地区に分け西地区は地域の夢を語ることでしたが、進行は期待はずれでした。苦情を吐き出させる為のショックアブソーバの役目なのでしょうか。まずは第一回ですのでしょうがないのでしょうか、次回は9月7日開催です。請け負った会社はイベントを無事に終わらせれば良いのでしょうが、どのように発展していくか次回のお楽しみです。実際はワークショップに対応できる職員を採用すればいいだけの話ですよね。
職員が表立って発言するとまずいことが、きっとあったのでしょう。他人に頼っていては物事は遅々として進まないということをわからせる会でないことを祈ります。自分たちが住んでいる地域を良くしたい気持ちはとてもよく伝わってきますが、内容が多岐にわたる為テーマを絞り込めません。いろいろな立場の方がいるのですから当然です。行き当たりばったりで進行しても会議3時間を後3回で終了するのですから形式だけに終わるでしょう。ワークショップを行ったというパフォーマンスにさせないように地域の力を発揮しましょう。20年先の問題は夢ではなく近い将来です。各商店街は地域広場になりえる素質を持っているのではないでしょうか。

地域防災の今

池袋消防署において防災講習があり池袋管内では、火災が非常に少なくなり火事による死者もここ何年か無く今年も同じように推移しているようです。今まで火災訓練はD級ポンプによる消火方法でしたが、場所を選ばないスタンドパイプが主流になりつつあります。既設の水道本管より取り出す方法ですので断水でない限り有効です。マンホールや取水栓の場所の把握が重要になり、多くの方が取り扱いに慣れてくれれば消防車を待つことも少なくなるでしょう。実際には判断が非常に難しいことなのですが、災害時は地域の防災は地域の手で出来る事をすること、扱える人がいつでも使用できるようスタンドパイプの保管方法を検証する必要があるのではないでしょうか。

ナミアゲハの卵採取

s-P1040117卵Ⅳ葉
s-P1040119卵Ⅲ
12日にカラスザンショウの苗木にナミアゲハと思われる卵が三つ産みつけられていました。採取して飼育します。

スタッフベスト

緑のスタッフベストのデザインも決まり、今日発注しました。デザインは背中にナミアゲハの線画を大きく入れ、前面の左胸部にSTAFFの文字とトンボの線画をいれました。通りのプランターを世話するときに着用し周りにアピールしたいと思いますし、世話するときにも怪しまれることが無くなります。
プロフィール

池袋の森ピース君

Author:池袋の森ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR