FC2ブログ

揚羽蝶幼虫の死

小さな4齢幼虫が我が家の畳の部屋の隅でまるで生きている様に死んでいました。早く気がついてあげていればと思い気が滅入ります。人が管理している以上人の責任です。小さな命が一つ消えました。今晩は弔いです。
スポンサーサイト



第一回区民ワークショップについて

池袋を3つの地区に分け西地区は地域の夢を語ることでしたが、進行は期待はずれでした。苦情を吐き出させる為のショックアブソーバの役目なのでしょうか。まずは第一回ですのでしょうがないのでしょうか、次回は9月7日開催です。請け負った会社はイベントを無事に終わらせれば良いのでしょうが、どのように発展していくか次回のお楽しみです。実際はワークショップに対応できる職員を採用すればいいだけの話ですよね。
職員が表立って発言するとまずいことが、きっとあったのでしょう。他人に頼っていては物事は遅々として進まないということをわからせる会でないことを祈ります。自分たちが住んでいる地域を良くしたい気持ちはとてもよく伝わってきますが、内容が多岐にわたる為テーマを絞り込めません。いろいろな立場の方がいるのですから当然です。行き当たりばったりで進行しても会議3時間を後3回で終了するのですから形式だけに終わるでしょう。ワークショップを行ったというパフォーマンスにさせないように地域の力を発揮しましょう。20年先の問題は夢ではなく近い将来です。各商店街は地域広場になりえる素質を持っているのではないでしょうか。

地域防災の今

池袋消防署において防災講習があり池袋管内では、火災が非常に少なくなり火事による死者もここ何年か無く今年も同じように推移しているようです。今まで火災訓練はD級ポンプによる消火方法でしたが、場所を選ばないスタンドパイプが主流になりつつあります。既設の水道本管より取り出す方法ですので断水でない限り有効です。マンホールや取水栓の場所の把握が重要になり、多くの方が取り扱いに慣れてくれれば消防車を待つことも少なくなるでしょう。実際には判断が非常に難しいことなのですが、災害時は地域の防災は地域の手で出来る事をすること、扱える人がいつでも使用できるようスタンドパイプの保管方法を検証する必要があるのではないでしょうか。
プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR