FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

地域猫について

町会単位で地域猫活動はされていますが、今餌のやり場確保が難しくなってきています。ビルに囲まれた駐車場の片隅とか植木の中とかで、ボランティアの方がねこの餌と排泄物の世話をしてくれています。餌代はボランティアの方の持ち出しです。しかも地域猫の避妊や去勢の手術をして地域に戻すことまでも餌やりさんの仕事になっています。行政は、手術の助成金として手術代を負担してくれてはいますが、現実は猫を愛している人々に地域猫は守られています。今の時期は子猫の増える時期でもあります。野良猫は餌をあげる人にしか捕まえることができません。手術したくても野良猫の住んでいる場所で餌づけをして信頼関係を築かなければ先に進みません。外から見るとただ猫好きな人が無責任に人の駐車場で餌をあげているとみられてしまうのです。説明するにも普段人のいない場所です。まだまだ地域猫活動は地域に理解されていない現状があります。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR