FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

9月末のハウスの中

カラスザンショウの木の葉もだいぶ少なくなりました。カラスザンショウの幼虫達は3齢5頭4・5齢5頭となり何頭かはそろそろサナギとなる時期をむかえています。昨日別の1頭がハウスの壁面で前蛹になりましたし、もう1頭は地面に下りて場所探しをしていました。
温州ミカンの木には5齢幼虫が2頭と昨日幼虫保護の連絡がありまして取りに伺った4齢幼虫1頭、3齢幼虫1頭がいます。さらにレモンの木には5齢幼虫が1頭、アサクラサンショウの樹には5齢幼虫2頭3齢幼虫3頭と確認できるだけでこれだけの幼虫が蝶になる準備をしているのところです。もうすぐ10月というのに今日の午後1時に屋上のジュランタタカラズカの紫の花やジニアフォーチューンの花に大振りなナミアゲハが蜜を吸いにやってきていました。昨年より個体数が増えていると感じますし、ハウスのそとにカラスザンショウの木があれば産卵行動を起こしたと思いますが、あいにく多くが丸坊主になってしまい来年の春までは芽が出てこないでしょう。さらにいくつかの鉢では枯れているのかもしれません。今はハウスの中で21頭がサナギになり無事に蝶になるよう見守ることしかできません。今月9月、商店街では戦後池袋のイベント応援、ふくろ祭り協賛、町会秋祭り手伝い、商店街独自イベントと大変忙しい毎日でした。さらに今年は5年に1度の国勢調査の年にあたり日本の人口や国際社会のなかの人種比率などもはっきりしてくるのではないでしょうか。それにより効果的な国の政策が決められることでしょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR