fc2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

商店街における物販店の減少と対策

商店街のシャッター化は商店主の高齢化もさることながら後継者のいないことがそもそもの発端です。しかしながら頑張っている店舗は確かに多く存在もしますが経営が難しい時代になりました。コンビニ・有名大規模スーパー・有名小規模スーパーの出店は地域の消費者にとってはとても便利なものなのでパイの取り合いにおいては勝負になりません。流通の時代の変化も大きく通販・宅急便の利用もとても便利になりました。いま商店街は一つの目標をもって進むべき方向に舵をきる時期にきているようです。商店街のテーマパーク化もそのひとつであります。大勢の来街者による来街者の為の出店計画が求められています。実際商店街に残っている業種はコンビニやスーパーではどちらかというと苦手な職種になります。味の個性や価格面・個人を対象にした商い・複雑な内容を含む買い物などがあげられます。外国資本による店舗の弊害も日本人とのモラルの違いから起こることが多く理解しがたいことが多いのも事実です。商店街に店を持つということはその商店街の環境設備と維持費を利用することに他なりません。根気よくこれらの説明をして会員を増やす努力が求められます。だれでも不景気な時に少しのお金も出したくないのが人情ですが、街路灯照明の消えた商店街には誰もいきたくもありません。身の安全が守れないと感じるからです。今商店街はLEDランプに変わり明るい商店街になりました。真っすぐな560mの道を希望に満ちた光りがやわらかく照らしています。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR