FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

池袋北側東西デッキ構想

s-東西デッキ
北側東西デッキ広場構想は池袋の再生の本丸と思う。池袋駅及び駅周辺に及ぼす影響は計り知れない、南側東西デッキはJRとの覚書締結により平成9年の豊島区基本計画から始まりようやく新たな連絡歩道として生まれることとなった。地下連絡通路の災害時見直しと駅周辺利用者の回遊性の利便化が求められてきている現在、北口駅前開発とともに地主、鉄道会社、ビル所有者との協働で芸術文化を中心とした交流情報発信できる都市空間を東西デッキに創造してほしい。デッキの幅は南北100m以上場所は池袋北口側ホーム上空の面からのびる回遊通路、広場は避難所兼イベント会場として利用し普段は見通しのきく広場でありデッキの両サイドには小規模店舗のアートシャッターと緑の壁、基本的にはエコ空間であり災害時利用の為街路灯はハイブリッドとしソーラーパネルは各店舗の屋根を利用し各店舗は電磁調理器・電子レンジのみの調理が主体とするため工夫がいるが、災害時の利用や避難場所であるのでインフョメーションセンター機能も必要。イベント広場の活用は最長3週間に限定し行うことが可能になる、それにより収益性の確保にもつなげられ例えばフランスのストラスブールクリスマス市場、クリスマスイルミネーション恋人広場、新モンパルナス回遊美術館展示会場、国際アートカルチャー展示会場等を開催することであらたな賑わいと新しい都市空間を創出することができる。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR