fc2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

池袋で1番歴史の古い商店街が池袋平和通り商店街

「新編武蔵風土記稿」は、江戸幕府の昌平坂学問所が化政期(1804~29)の村々の状況をまとめた公的記録である。それに「池袋村」が「東西5丁、南北13丁」の細長い村で「戸数129、村高300石」とあり村としては街道にそって家並みがあったことが江戸時代の伊能忠敬・江戸府内図に描かれています。いまの距離に直すと幅545m、長さ1、418m当池袋平和通り商店街が南北に560mありますから残り858mで南の雑司ヶ谷村と、北は縄文時代の池袋貝塚を越えて金井窪村、東は新田堀之内村、西は中丸村などにかこまれた中になります。まさに池袋平和通り商店街は池袋村の中心に位置した街道560mであり、北側の端からさらに北に560m行くと金井窪村です。反対側の商店街の南端からさらに南に300mほど下ると雑司ヶ谷村になるわけです。当時の四面塔は村のはずれのさみしい場所であったでしょう。当時池袋村は現在の商店街の位置を中心として機能していたと想像できます。伊能忠敬の古地図をみても知行主の記載場所によりこの事は推測できますとともに多く点在する池の大きさもかなりの面積をもって描かれています。商店街の中ほど「池袋の森」の入り口近辺より水がわき出て平和通りに架けられ石橋をぬけて東のJRの線路の方へ流れ宝永年間に千川上水より引き入れた谷端川に合流しさらに下流の小石川の方へと流れていったのです。当時の古地図と文献記録により「池袋」の地名は池が多く点在したこの地域から当然のように生まれたのだと考えます。また文化の面でも池が点在していたことで人との交流では特異な環境であったことも古くからのいいつたえなどでわかります。
池袋の地名のいわれは諸説ありますが、どうやらこの池袋平和通り一帯の地形的特徴から生まれたものと思われます。江戸時代の伊能忠敬・江戸府内図に描かれた池袋村のなかに大きな池もしくは沼が多く点在しているのと共に家の近辺の木々や畑の畝の広がりを表しているような描写になっています。当然のことですが、これらの池もしくは沼は村ができる以前より存在していたでしょう。それが農耕技術の流入により一定の場所に定住する生活が生まれ、始めのころは血族だけの小集団であったのでしょうが、沼や池には魚や貝など自然に左右されずらい食物があり、畑では粟や稗などの作物がつくられたのでしょう。それらによりより多くの食料を生産し確保できた人々が場所を選びながら群れることになっていきます。当然共同作業も行うでしょう。沼地の干拓には多くの人出が必要になり集団体制を維持するため30人ないし50人の単位でそこをまとめる長(おさ)ができ自然に村ができたのです。当時の周りは湿地帯もふくみ細かい水路によって各地域が分断されていて水の集まる場所、囲まれている場所の袋の場所があり、沼というよりはもっと小さな池が多く点在していた為に地名が「池袋」と自然に言われたのだと思います。言い伝えによりますと池袋の村において人を探す事は難しい、なぜならば隣村の人の情報が水路による分断により互いの情報が無いためなのだと、またそれにより自給自足の独自の共同体ができていたらしい。婚姻も狭い範囲のなかで行われていたために限られた娘をほかに奪われないようにしたという出来事が言い伝えとして残っている。当時の川柳に「瀬戸物や土瓶がみんな池袋」「池袋家鳴りをさせた罰で化け」「石投げをしてぼろの出る池袋」「下女が部屋振動こいつ池袋」「口を閉じてもふくろびるいけぶくろ」「男より女にたたる池袋」などとうたわれている。これらはまさに池袋の女を嫁にもらったり奉公にやとったらその家に禍が起きるといったことが現実に起きた事なのです。当時は若い娘が江戸にあこがれ奉公にいきそこから嫁にいくことがあったのでしょう。当時の江戸とは本郷のかねやすまででしたから「本郷もかねやすまでが江戸の内」といって池袋から1里半の距離で歩いても一時間ちょいで行けたのでした。これらの記述からも当時の池袋村の特異性が伝わってきます。ちなみに嘉永7年(1854年)ころは北側、重林時近辺の谷端川沿いの池袋村では水田が多く耕作され南には畑が広がりここの大根畑での将軍吉宗に関する民話と御成り七曲りと名のついた当時の道も絵地図で見ることができます。池袋の名で一番古い池袋平和通り商店街は現在でも形をかえずに残っている通りであります。板橋みちとも雑司ヶ谷みちとも記載されて人々が往来していた庶民の街道であったことを記憶にとどめてこれからも発展していきます。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR