FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

池袋地名ゆかりの地

「さてこの村を池袋と名付し事は大昔から夥しい池があったことによってである。」といい「昔より順をおって埋まっていったけれど今もなお300坪以上もあるだろうか」と続いている、そのあとで「池の西の果ては池袋と雑司ヶ谷との村境にあるところではいつもほとばしる様に湧きだし流れている。この池は今は雑司ヶ谷の中にある、それであるのに池袋村の土地は高く池の水を引くことが困難だ」との記述である。江戸時代の文化(1804~1818)に隠居の十方庵が見聞した事を「遊歴雑記」に覚書した内容である。このことから池袋の名前の由来は雑司ヶ谷に端を発していないのは明らかである。従って池袋駅南口のメトロポリタン側にある丸池跡の「池袋地名ゆかりの地」は当時まさに雑司ヶ谷村であるので地名発祥ではないと考えます。同時代にも当池袋平和通り中央あたりからも水が湧き出て川となり石橋の下を流れていたということが明らかになっています。時代を経てもまだ水源として機能していたのでしょう。湧水であれば飲料に適していたと思われます。その近辺は昔には小さな牧場もありました。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR