FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

江戸時代にあった平和道りの石地蔵

中野宿から板橋宿へと向かうため板橋道とも雑司ヶ谷道とも言われた池袋村の中心である池袋平和通りの中ほどに石地蔵がありました。当時の雑司ヶ谷村から真っすぐ北に向かい村はずれを過ぎ池袋村に入り四面塔,庚申塚を越えてしばらくすると左手に水の湧き出ていた石橋を渡ります。そこを過ぎてすぐに石地蔵が左手に見えました 。さらに真っすぐ街道を通った十字路の北北西の脇にも石地蔵が佇んでいたのです。さらに北上した池袋村はずれ金井窪村手前の道の西に十羅刹、東に手前氷川社と奥に八幡社が並んでありました。現在は氷川神社のみ残っています。古地図の墨書きの位置と方向により向きや入り口または当時の決め事の中心的考え方や権威が反映していたと考えています。道端にあるお地蔵さまは現世利益と結びついています。人々を救う為に十の誓願をたて姿をかえて救ってくれます。旅の無事と残してきた家族の無事を祈ったり、村人は災いを除いてもらい、作物の豊穣を願うことで心が休まったことでしょう。地蔵菩薩の真言は「オンカカカビエンマエイソワカ」ですので寺院にお参りする時に唱えることでご利益がいただけます。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR