FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

古地図の年代不詳を解明する

池袋村の古地図に年代不詳のものがありますが、江戸時代の将軍吉宗の鷹狩の後にできた「御成り七曲がり」、「御成り稲妻道」と記載されこれらは民話伝承の証になっています。雑司ヶ谷付近の鷹狩の時にこの平和通り近辺の大根畑で起きた出来事です。1718年(享保3年)将軍吉宗22歳以降のいずれかの時期になり、当時雑司ヶ谷道(板橋道)は完成しておりますが、交叉する一方の小石川道がまだ完成半ばの状態での絵図になっています。小石川道の完成が地図上で見られるのは1816年(文化13年)の伊能忠敬による江戸府内図で見ることができます。従いまして小石川道は98年間のなかで整備されたことになります。ただ奇妙なのは1800年代の伊能忠敬の江戸府内図の池袋村では沼、池が多く記載されているものが1700年代の絵地図に描かれていないのはなぜなのでしょうか。江戸府内図の第一次測量は1815年忠敬70歳2月より開始、第二次測量は1816年忠敬71歳の時8月8日から10月23日までの76日間で終了その二年後1818年5月17日に亡くなりました。絵地図で畑○、田んぼの印●が無いところでは湿地帯であったのかは今は判りません。これから詳しく調べていきます。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR