FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

池袋村で江戸時代に起こった出来事

1817年(文化14年)江戸府内図完成から38年後に池袋村で起きた出来事です。1855年(安政2年10月2日)午後10時江戸直下型地震震度6強で池袋村においては5弱のドンと突き上げ揺れの状態がしばらく続いた。「破窓の記」には山川高低の間高地は緩く、低地は急なり。・・駒込・・辺は緩にて・・小石川・・は急なり。その謂れ、自然の理有るべし。とある。池袋村の池沼のあたりは武蔵野台地上の関東ローム層を含む軟弱な粘土質であるため地震動が増幅され岩盤の上にないところの池沼は液状化現象が起こりあたりの景色も少しは変化したと思われます。当時村には住んでいる人が少なかったのと人的被害がなったこと、一方江戸のいたるところで被害を受けている状況からこのことは池袋村の伝承記録として残ることはなかったと考えます。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR