FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

池袋村の池、沼の検証

昔は重林寺がある地域に大きな池があったのではないかと推測しています。寺は江戸時代には東西に通る「札之辻道」沿いにあり東寄りにあった石地蔵の十字路から西の野道にぶつかる丁字路までの間に山門入り口が北にむかってあったのです。さらに石地蔵の十字路より東に行くと東の田場へ道へと続きました。寺のまわりには現在でもかなり広い平地が存在しており当時の痕跡であろうと推測しています。寺の裏手は東から西方向にかなりの勾配を持って下り坂になっていますしそこから北方向に行くとさらに急な東から西への坂になります。「札之辻道」をさらに東へいくと平和通り池袋の森付近からの湧水と南の巣鴨村境と雑司ヶ谷境の交わる池袋村南東付近一本松通り東端付近よりの湧水と合流して新田堀之内村と池袋村の東の境を北に流れ千川から分流した谷端川へと北上しながら下っていき田場へ道を横断してさらに茅の野原へと続き滝野川境へと至りました。また湧水に沿った流れの東側の川に挟まれた場所は湧水の合流地点から茅の野原、滝野川境までの区間は水田に生まれ変わったのです。新田堀之内村にあった川の流れは等高線調査により地表の高低さと当時の湧水で出来たであろうり川筋によりある程度推測することができます。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR