FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

トンボのヤゴを救う時期になりました。

ノシメトンボ
5月11日小学校から連絡が来ました。19日にプールから多くのノシメトンボのヤゴを救出してきます。昨年は300頭ぐらい救出して羽化して飛び立って脱け殻を残していったのは280頭程でした。今回は小学生が授業の一環として商店街と一緒に行うのですが、新池袋モンパルナス西口回遊美術館の会場として「池袋の森アートギャラリー」のオープンと一緒の日時になってしまいました。今年はヤゴがどのくらいに育っているかが心配です。あまり早く救出してしまうとヤゴの期間が長くなり世話が大変になります。ヤゴは基本的に生餌しか食べないのと、一緒にして育てると共食いをします。アカムシなど食べ残しの餌の除去や濁った水の交換にも水道水の汲み置きをしてカルキ抜きをしてあげないと使用できません。その為飼育期間はできるだけ短い方が生徒や先生の負担がすくなくなるのです。昨年はやはり今年のように早くに救出したため羽化までに3週間ほどかかりました。プールではミジンコなど餌が豊富で日当たりがよく成長が早いのだと思います。一昨年は6月に入ってから救出したため救った翌日には羽化して飛んで行ったのです。
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR