fc2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

江戸時代の地図を検証する

江戸時代の古地図と明治時代の地図を見比べて調査したいと思っています。<下の地図は当時の「池袋の」付近の地図になります。当時は家のまわりには竹林が多くあり広葉樹林が屋敷の境界に沿って植えられていました。所により針葉樹林が地域の目印の役目なのか道路に沿った場所に記号記載があります。重林寺では少し離れた場所にお墓があり、北側には針葉樹の林があって続いて果樹園があったようです。基本的に住宅は樹木に囲まれた居住地だったようです。東側には水田んが南北に広がっています。上の地図は現在の「池袋の森」付近図になります。南北に長方形の囲いのような工作物がありますが、家畜を飼っていたのでしょう。小規模な牧場に見えます。東に記載されている「山」の字は西山の山の字です。当時右から左に地名は記載されています。P1080972.jpg
P1080982.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピース君

Author:ピース君
池袋平和通り商店街で、「ナミアゲハ蝶とトンボを育てて飛ばそう!」の活動や江戸時代池袋村の中心であった商店街の歴史調査報告の様子をお知らせします。
主に活動内容や地域の情報を綴ります。
興味のある方は、ちょっと立ち寄ってのぞいて見てください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR